プリントTシャツ着こなし術

Tシャツの種類や特徴をまとめました

Tシャツのプリントには複数の種類があり、主なものだけでも、シルクスクリーン、フルカラー転写、カッティング転写、昇華転写、ダイレクトインクジェットなどがあります。それぞれに特徴があり、選ぶ場合のポイントの1つになります。
また、オリジナルなどオーダーをする場合には生地と同様に重要な要素になり、方法が異なることで価格にも大きく影響するためにどのようなメリット、デメリットがあるか把握をしておくことが大切になります。

Tシャツのプリントの種類について

Tシャツのプリントの種類について Tシャツに用いられているプリントの種類は、Tシャツ自体の素材と共に大切なアイテムの1つになります。特にオーダーをする場合は、ショップに特徴を良く確認をしてから依頼をする必要があります。
例えば、代表的なものとしてはシルクスクリーンを上げることができます。オリジナルの依頼では最も一般的なプリント方法であり、1色ごとに版を制作し、直接生地にインクを擦り込み熱乾燥を施して完成します。シルクスクリーンのメリットは、まず、耐久性と高い仕上がり具合があり、プロ仕様の本格的な製品に仕上げることができます。また、金や銀、蛍光といった様々なインクを使用することができ、大量に作るほど1枚あたりの金額が安くなります。
一方デメリットとしては、プリントをする箇所や色が多い場合には何枚も作成しなくてはならない点があり、少数の依頼では1枚あたりの単価が割高になることがあります。

Tシャツのプリントに使用できるのは何色まで?

Tシャツのプリントに使用できるのは何色まで? オリジナルTシャツは、好きな形、デザインなどを選び、自分の好きな言葉やイラスト、写真などをTシャツのどこにプリントするかデザインして業者にオーダーすることで作成することができます。部活やサークルなどでオリジナルTシャツを作ればチームの団結力も強まりますし、思い出の品にもなります。
せっかくオリジナルのものを作るのであれば、デザインにもこだわりたいですよね。そうした場合、気になるのは、色はいくつまでまで使えるのかということです。
その答えは、業者やサービスによって異なります。ワンカラーしか選べないところもあれば、写真のようにフルカラー印刷ができるところもあります。つまり、いくつまでという制限はないのです。しかし、一般的に、使う色数が多ければ多いほど、料金は高くなると言えるでしょう。そのため、安く済ませたいのであれば、1色しか使わないというのが手です。
それでも、Tシャツの地のカラーとプリントのカラーのツートンカラーになるわけですから、工夫次第でどのような印象にもすることが可能です。
また、価格が高くなってしまうデザインにしたくなっても、大量注文すればその分1枚当たりの値段が安くなる業者が多いので、最終的にいくらになるのかを事前に確認しましょう。

おすすめTシャツ関連リンク

様々な色や種類のプリントTシャツをお手ごろ価格で作れるサイト

Tシャツ プリント

 

Copyright (c) 2017 プリントTシャツ着こなし術. All rights reserved.