プリントTシャツ着こなし術

Tシャツの種類や特徴をまとめました

Tシャツのフォトドットプリントの特徴

Tシャツのフォトドットプリントの特徴 インターネットの普及により、気軽に注文できるようになった、オリジナルTシャツですが手書きのイラストを描いたり、パソコンのテンプレートを使って自分自身でデザインするのは難しいという方は多いと思います。
また、せっかくおしゃれに撮影できた写真をTシャツにしたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方にピッタリなのが、写真を使ったフォトドットというプリント方法です。フォトドットというプリント方法は、フルカラーの写真を小さな点で一色のインクで濃淡をつけて印刷する方法です。
そのため、フルカラーで印刷するよりも、シンプルなデザインのTシャツを作ることができ、単色の写真よりもデザイン性が高いTシャツを作ることができます。
さらに、単色なため、フルカラーの写真印刷よりも、印刷会社によっては安く作ることができるので、写真を使ったプリントをしてもらいたいけれども、デザイン性のあるものがいい方にフォトドットはおすすめです。

Tシャツのフォトドットプリントの活用例

Tシャツのフォトドットプリントの活用例 フォトドットプリントとは元々はフルカラーだった写真等の画像を白黒のドットで表現する手法です。通常のプリントでは表現できないようなまさに写真のような濃淡に特徴のあるデザインに仕上げることができます。
このフォトドットプリントを活用してオリジナルのそしてお洒落なTシャツを作ってみましょう。例えば子供と動物園に行った際に撮った写真を活用例として、Tシャツを作成するとただ画像データとして写真が残るだけでなく、お子様との大切な思い出を普段から着用することの出来るお洒落な普段着として使うことが出来ます。
また、使用されるインクは一色のため、洗濯による色落ちにも強く、長い間思い出を保存することが出来るのも特徴と一つとなっています。
さらに風景等の写真データを利用することで大変お洒落なTシャツを作ることができ、いくつかの種類を用意することでシリーズ物のTシャツのようになり、コーディネイトの幅がとても広がります。

 

Copyright (c) 2017 プリントTシャツ着こなし術. All rights reserved.