プリントTシャツ着こなし術

ネックの形は選べる?

ネックの形は選べる?

ネックの形は選べる? プリントTシャツは注文する際に、どのような生地を使うのかということを選べます。その時に気になるのが、ネックの形です。Tシャツと言えば丸首ですが、中には苦しいと感じてしまう人もいます。Vネックのように切込みが深かったり、丸首の中でも襟元が広く取られたデザインもあるでしょう。襟元がストレートタイプになっているものもあり、着ているときの印象が大きく変わります。
運動するときだけでなく、ファッションをする際など目的に応じて必要になるTシャツの種類も変わってくるでしょう。プリントTシャツを作る際に、希望の形があるようであれば、先に問い合わせるようにしましょう。最近は同じ会社でも複数の種類を用意するなど、要望に応えてくれるところが増えています。丸首であれば、ほとんどのところで対応してくれますが、ボートネックのようなデザインは扱っているところが少ないです。注文してからでは遅いので、必ず先に問い合わせることが大切です。

Tシャツのプリント位置は分かりやすい形で指定しましょう

Tシャツのプリント位置は分かりやすい形で指定しましょう Tシャツはとても気軽に製作できるものですが、そのデザインにも拘りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。同じようなプリントでも、位置によって印象が変わるものです。したがって、Tシャツのプリントの位置は非常に大切だといえます。
そのため、業者に依頼するときは、分かりやすい形で印刷の位置を指定しましょう。完成品を見て「こんな筈ではなかった」と思わないためにも、しっかりと指定することをお勧め致します。Tシャツは、何処にでもプリントを入れられるわけではないため、まずは決まり事をしっかりと頭に入れ、それからデザインを作りましょう。その後、そのデザインをどこに入れるかということになりますが、そのときは実際にメジャーなどで計測して大体どのくらいの位置になるか確認しておいたほうが良いでしょう。
せっかくTシャツを製作するのですから、理想的なものとなるように準備を行うことで、これらの失敗を防ぐことができます。

 

Copyright (c) 2017 プリントTシャツ着こなし術. All rights reserved.