プリントTシャツ着こなし術

Tシャツの種類や特徴をまとめました

Tシャツのラメプリントの特徴

ラメプリントの特徴 ラメのTシャツはキラキラが特長のインクを使用しています。金、銀、カラーなど、透明の特殊なインクの中に練りこんでプリントします。光に対して乱反射するので、デザインがキラキラと光って見え、ゴージャスさを演出することが出来ます。
ラメは洗濯や摩擦に弱く、剥がれやすいです。剥がれないように上にコーティングインクをプリントしているシャツが多いです。使われている素材は綿素材のTシャツ、トレーナー、パーカーなどです。撥水生地、ナイロン生地、キャップなどには使用出来ません。
また、漂泊剤を使っての洗濯やドライクリーニングは出来ません。洗濯では手洗いで優しく揉み洗いすることでTシャツの状態を維持することが出来ます。
ラメのカラーとして使われているものはレモン、レッド、ブルー、グリーン、ブラウン、イエロー、ピンク、ブラック、水色、茶色、金色、銀色、桃色、空色、チャコールグレー、オレンジ、ネイビー、ダークグリーン、ライトグレー、ディープブルーパープル、パールなどです。

Tシャツのラメプリントの活用例

Tシャツのラメプリントの活用例 オリジナルのTシャツを制作する場合、デザインに様々な工夫を取り入れることで、見栄えが良くなるだけでなく、幅広いシーンで活用できます。特に、ラメプリントのTシャツは、金や銀をはじめとした様々なカラーのラメがキラキラと輝くので、ゴージャスさを演出したい場合に最適です。
主な活用例では、プライベートでの利用以外に、イベント時のユニフォームやライブの衣装など、幅広いシーンで活用できます。
イベント時のユニフォームは、文化祭やスポーツ大会をはじめとした様々なイベント時に有効で、場の雰囲気を明るくできると共に、着用している人のモチベーションもアップします。ライブの衣装は、ラメの量を多めにすることで、照明による反射が多くなり、衣装としての豪華さが際立ちます。
なお、ラメプリントでは、文字や数字、イラストなど、様々なデザインが表現可能なので、他のプリントタイプと組み合わせてオリジナリティ溢れる仕上がりを目指せます。

 

Copyright (c) 2017 プリントTシャツ着こなし術. All rights reserved.