プリントTシャツ着こなし術

Tシャツの種類や特徴をまとめました

Tシャツのヴィンテージプリントの特徴

Tシャツのヴィンテージプリントの特徴 ヴィンテージプリントTシャツにはいくつか種類があります。
インクをわざと滲ませる方法では、やりすぎるとミスのように見えてしまうので、にじませ加減が難しいです。
ひび割れ加工をする方法では、デザインにノイズをかけて最初から激しくかすれたような仕上がりになります。
箔とひび割れインクを組み合わせた方法では、ひび割れインクを使用して箔を圧着させます。
仕上り直後はきれいな箔の状態で、プリントを引っ張ることで金箔が割れて異なった仕上りになります。また焦げたような仕上りにも出来ます。熱処理の加減を調整して作ります。
熱のかけ方が数秒違うだけでデザインも変わります。
ヴィンテージではカラーもたくさんあります。白色、黒色、赤色、青色、黄色、緑色、オレンジ色、紫色、茶色、グレー、水色、ピンク色、肌色、紺色などです。
またヴィンテージのTシャツの特徴は新品には出せない味があることです。
新品のTシャツにはないレトロ感が人気です。

Tシャツのヴィンテージプリントの活用例

Tシャツのヴィンテージプリントの活用例 ヴィンテージプリントを活用して、店舗で販売しているものを宣伝しようとする時には、イラストだけでなく写真も印刷する事ができます。
飲食店や屋台が販売している、食品の写真を印刷したTシャツを着たスタッフが歩き回る事で、店舗の宣伝をするという活用例も多いです。
とても画質の良い状態で写真などを印刷する事ができるので、食品の湯気までヴィンテージプリントとして、デザインに採用する事もできます。
一目見るだけで食品が美味しそうに感じられて、飲食店や屋台の宣伝にぴったりだと思ってもらえるからこそ、オリジナルのTシャツが宣伝用に使われる事が増えてきました。
かなり大きな画像などを印刷しても、Tシャツの通気性を大きく損なう心配は無いからこそ、夏場なども暑苦しさを感じる事はありません。
通気性が確保できるからこそ、スポーツのユニフォームにも大きな画像が印刷される事が多く、チームロゴなども目立ちやすいデザインにする事は簡単です。

 

Copyright (c) 2017 プリントTシャツ着こなし術. All rights reserved.